HOME > 本町のお店紹介

本町のお店

本町2丁目には、個性あふれるお店がたくさん。編集部でピックアップしたお店を紹介します。
ショッピングも食事も美容も、本町2丁目で!



味噌汁カフェ 隠れ家いつき 

カラダが本当に喜ぶこと、はじめてみませんか?

itsuki_01.jpgitsuki_02.jpgitsuki_03.jpg



2020年7月にオープンした手作り無添加せっけん販売の「味噌汁カフェ 隠れ家いつき」。
肌荒れなど様々な悩みを抱える方に、安心して使っていただけるようにと無添加せっけんを提供します。優しさをカタチにしたようなせっけんは、長年愛用するファンも多いとのこと。
「お肌のケアを行っても、カラダは食べたものでできています」と話すのは、店主の樹美千子さん。しっかりした食事で内側からもキレイにと、野菜たっぷりのお味噌汁を、カフェスペースで食べられるのも嬉しいですね。一汁一菜ランチ(800円 税込)は、樹さんの地元(岩手県遠野市)で仕込んだ無添加の味噌を使った、こだわりの一膳です。具だくさんのお味噌汁は、野菜の味を活かした優しい味わい。玄米好きな方が、インスタグラムの投稿をみつけて訪れることも多いようですよ。
カフェスペースには、「ひと言 頂けたらうれしいです」と表紙に書かれた1冊のノートが置かれています。「カラダにしみる」「いつきさんのお味噌汁を食べる会」など、お味噌汁に癒されたお客さまの素直な感想がぎっしりつまっています。 カラダが芯から暖まるお味噌汁を味わって、ひとこと感想をノートに書いてみてはいかがでしょうか?

住 所 :仙台市青葉区本町2-17-1 Nビル102
TEL :090-3753-1840
営業日 :第2・4 土、日、月、火曜日の営業
H P :https://itsuki-hideout.jimdofree.com/
S N S  :@tono_kakurega_itsuki



本町焼肉DATENARI 

看板メニューの生ユッケを、上質な空間で。

datenari_01.jpgdatenari_02.jpgdatenari_03.jpg



お店の外壁に描かれたユニークなイラストが目印の本町焼肉DATENARI。2021年2月にオープンしたばかりです。
軽やかなBGMが流れ、間接照明のやわらかな光が店内を照らします。ゆったりとした空間には、席ごとに飛沫拡散防止のアクリルボードを設置。こんな時期だから、無煙ロースターを使って、約3分半で客席全体の空気が入れ替わり、安心してくつろげる空間がうれしい。 魅力は、なんと言っても新鮮なお肉。精肉加工会社が運営するお店なので、上質なお肉をいつでもいただけます。「おすすめの生ユッケは、ぜひ一度召し上がっていただきたいです。」と話すのは、店長の伊勢淳哉さん。温度管理を備えた専用の調理室を完備しているので、新鮮な「生ユッケ」を提供できるとのこと。ランチは1,650円(税込)から。ディナーは、個別注文からコースまでをご用意。
「今は社会全体の動きが鈍くなっていますが、本町はもっと活気がある街。街にもっとたくさんの方が来てもらえるように、貢献できることを考えていきたい」と伊勢店長。
数ある仙台のお店の中でも「生ユッケ」が食べられるのは、わずかに数件とのこと。ゆったりとした空間で、美味しいお肉を満喫してみてはいかが?

住 所 :仙台市青葉区本町2丁目6番32号 HANG OUT 1F
TEL :022-796-3986
営業時間:11:00~15:00(LO.14:00) 17:00~20:00(LO.19:00)
 ※2021年4月5日~5月5日の期間は、まん延防止等重点措置の為、時短営業。
休 日 :年末年始
H P :https://datenari-honcho.com/
S N S  :インスタグラム(datenari_honcho)



Pool(プール) 

親身なカウンセリングで、特別なひとときを。

pool_01.jpgpool_02.jpgpool_03.jpg



2020年9月にオープンのヘアサロン「POOL(プール)」。
グレーを基調にナチュラルなカラーで統一した店内は、まるでオシャレなカフェのような印象です。
1階は5席、2階は6席とゆったりとした空間。密にならないよう、予約に応じて階ごとにお客さま分散する配慮を行っています。シャンプー台も各階独立で完備しているので、お客さまの移動を最小限にする気配りもうれしいですね。
「私たちがいちばん大切にしているのは、親身になって希望を伺うことです」と話すのは、店長の熊谷望さん。特にカラーリングは、お客さまの思いが強いので、とことん相談にのってくれるとのこと。髪の状態をよく把握したカラー選びを大切に、ダメージをおさえながら「なりたいスタイル」を叶えます。

カット・カラー・トリートメント・炭酸スパで「7,000円(税込)※新規の場合」から。予約は電話とホームページで受付とのこと。
透明感のあるヘアスタイルを、POOLで叶えてみてはいかがでしょうか?

住 所 :仙台市青葉区本町2-8-8
TEL :022-398-6653
営業時間:
 月~金 11:00~21:00(最終受付 20:00)
 土曜日 10:00~20:00(最終受付 19:00)
 日・祝 10:00~19:00(最終受付 18:00)
 ※最終受付時間から1時間後までに終わるメニューで受付。
休 日 :月曜日
H P :https://beauty.hotpepper.jp/slnH000500718/
S N S  :インスタグラム(kuma_book_)



Beetle natural(ビートルナチュラル) 

確かな提案力で、『新しいワタシ』に出会えるサロン

beetle_01.jpgban_02.jpgbeetle_03.jpg



ドアを開けると、清潔感いっぱいの壁に温かみのある天然木の床。お隣りを気にせず、リラックスできる空間が広がります。ここは、今年4月1日、本町にオープンした『Beetle natural(ビートルナチュラル)』。美容室とまつげエクステが併設されたサロンです。
「お客さまひとりひとりに寄り添った、少人数ならではの提案力を感じていただきたいです」と話すのは、店長の髙橋竜一さん。ヘアサロンを訪れるのは、髪質に悩みが増え始める20代後半以降の女性が多いとか。いちばん人気のメニューは、髪質改善トリートメント「サブリミック」。弱酸性の薬剤を使用し、髪の毛を優しくケアしながら美しい髪を取り戻していきます。また、オイルで髪を染める「イノア」は、カラー剤特有の匂いも気にならずに傷みにくいそう。お店オリジナルのシャンプーとコンディショナーも販売しています。サロンと同じ仕上がりが、自宅で簡単に手に入るのも嬉しいですね♪
一方、まつげサロンスタッフの中奥菜々子さんは「人によってまつげの生え方や毛質、目の形で施術方法が違います。その方にぴったりのまつげを提案させていただきます。はじめての方でも、気になることがあったらなんでも聞いてください」とニッコリ。高校生から60代までと、幅広い世代の女性がお店に来るそうです。
個室のようなリラックス空間と、マンツーマンならではの安心感。ビートルナチュラルで、新しい自分にアップデートしてみてはいかが?

住 所 :仙台市青葉区本町2-19-9 クリスタルパレス本町西4階
TEL :022-397-7585
営業時間:10:00〜20:00
※メニューによって最終受付時間が異なります
休 日 :日曜日 ・月曜日
H P :https://beetleakt.wixsite.com/beetle-natural
S N S  :Instagram(ヘアサロン)Instagram(アイラッシュ)



Ristorante Kishine 

旬の野菜で「季節」を味わうイタリアン

kishine_01.jpgban_02.jpgkishine_03.jpg



扉を開けると温かな表情で出迎えてくれるのは、オーナーシェフの岸根一也(きしねかずや)さん、奥さまの吟花(ぎんか)さん。2019年6月本町にオープンし「先月で1周年を迎えることができました」と。穏やかな口調から、ご夫婦の優しさが伝わってきます。
店内は、落ち着いた雰囲気で、間接照明の柔らかな光が居心地の良さを感じます。1階はカウンター席(6席)。テーブル席のほかソファー席もある2階(計20席)は、誕生会や記念日など特別なパーティーの相談もOKです。
何といっても人気はイタリアンのコース料理。またちょっぴりのんびりしたいお昼は、Kishineランチ(飲み物付き1,800円・税込)がおすすめ。前菜・サラダ・パスタ・メインのお肉料にデザートが付くので女性に人気です。
野菜を育てることが趣味の岸根さんは「野菜を味わって、季節を感じてほしい」と話します。農家さんから直接仕入れた旬の食材を、その季節にしか出会えないオリジナルメニューに仕立てます。
今は、アルコール除菌や換気を徹底するだけでなく、光触媒フィルタを搭載した除菌脱臭機を導入。「安心して食事をしていただくために、対策を重ねています」と。岸根さんがつくる「優しいイタリンアン」を、大切な人と味わってみてはいかがですか。

住 所 :仙台市青葉区本町2-8-31
TEL :022-398-6653
営業時間:
 月~金 Lunch 11:30~14:00 Cafe 14:00~16:00 Dinner 18:00~21:00
 土曜日 Cafe 14:00~16:00 Dinner 18:00~21:00
休 日 :日曜・祝日
H P :https://www.ristorante-kishine.com/
S N S  :Facebook



cafe Kiitos by Gomotto-Kitchen(カフェキートス バイ ゴモットキッチン) 

ぬくもりたっぷりの喫茶店

kiitos_01.jpgban_02.jpgkiitos_03.jpg



cafeの看板と、窓からこぼれる温かな光。扉を開けると出迎えてくれる「いらっしゃいませ」の穏やかな声の主は、マスターの外山朗(とやまあきら)さんと、奥さまの由美子さん。2017年3月にオープンし「この3月で4年目に入ったばかりです」と。実は前オーナーから「キートス」を受け継いでのスタートで、キートスそのものは5年目になるそうです。
木町通にある「クロワッサンの店」が手掛けた意匠は、真っ白な漆喰や岩肌を連想させる壁面を配置した、ナチュラルな雰囲気。カウンターと小さなテーブル席が4つで、コンパクトなのに、ゆったりとした居心地の良さを感じます。席に着くと「お白湯にしますか? お水にしますか?」と。「白湯」の言葉に、客を思いやるご夫婦の優しさが伝わってくるようです。
お昼ちょっと前から始まる、人気の20食限定日替わりランチ(飲み物付き¥900・税込)は、滋味あふれる家庭の味。小さな品書に描かれたメニューは実にシンプルで、サイフォンで淹れたコーヒーと紅茶にソフトドリンク。ハートランドビールは、お客さんの希望で追加したとのこと。ランチ以外の食べ物も、キートスチーズケーキにパンケーキ、そして大学いも(ティータイム限定)のみ。ランチを過ぎれば休憩をとる店が多い本町で、夕方までお茶ができるお店は貴重です。「低電磁波の赤外線調理器でじっくり炊いたご飯は、お客さまに好評です。土曜や日曜には、お料理教室や映画観賞会、ミニコンサートなども不定期で開催しますので、興味があればご参加ください」と外山さん。
昔の喫茶店のように、ペーパーバック片手に立ち寄りたい「キートス」。本町の隠れ家を探してみてはいかが。

住 所 :仙台市青葉区本町2‐17‐3花泉ビル1F
TEL :022-797-6116
営業時間:10:00~18:30
休 日 :土曜・日曜・祝日



酒肆 番 

濁り酒の魅力を本町から

ban_01ban_02.jpgban_03.jpg



日本では、2店しかないと言われている濁り酒の専門店。実は、ここ本町にお店をかまえる「酒肆 番(しゅし ばん)」がその1つです。
「店内は、ほぼゼロから自分で改装しました」と話すのは、店長の岩村翔さん。木材と照明の温かみが居心地の良さを感じます。
「お酒そのものの旨みをダイレクトに楽しめるのが、濁り酒の魅力だと思います。もっと皆さんに知っていただきたいですね」と熱く話します。品揃えは、県内外のものを揃えて約30種類。季節によって種類が変わります。全国から取寄せて試飲をし、厳選したお酒だけが店内に並びます。一般の日本酒よりも、個性的な味わいが多い濁り酒ですが、知識がなくても、好みに合わせたお酒をすすめてくれるので安心です。
また酒肆 番は、濁り酒だけはなくランチも人気なんです。メニューは一種類、豚汁定食のみ(税込780円)。寒さが厳しいこの時期にぴったりです。無くなり次第終了なので、早めに行くことをおすすめ♪ また『東洋医学で学ぶ日本酒の会』を2ヵ月に1回開催しています。誰でも気軽に参加できて、健康的にお酒や食事を楽しむ秘訣を学べるイベントです。
岩村さんの、濁り酒への深い愛情と、店内のまったりとした雰囲気を感じながら、お酒の楽しみ方の幅を広げてみませんか?

住 所 :仙台市青葉区本町2-15-16 UENOビル2階
TEL :022-266-0838
営業時間:17:00〜24:00 ランチタイム:12:00~14:00(火・水・木・金のみ)
休 日 :日曜日
S N S  :Instagram Facebook



食彩酒房 哲舟 

宮城の素材に惚れ込んで

tessy_01tessy_02.jpgtessy_03.jpg



本町にお店を構えて10年の「食彩酒房 哲舟」。店主の大島哲也さんは、栃木県出身です。縁もゆかりもなかったという仙台ですが、海と山どちらも身近にする宮城県の土地柄や、魚の新鮮さや食材の良さに感激して移住しました。
「旬のものを、その時期に提供する事を大切にしています」。その日に仕入れた季節の食材で品書きが変わります。夏の盛りのこの時期、イチオシは、アナゴやアジのなめろう・カツオ・ホヤだそうです。その他にも、唐揚げやアジフライなど、メニューが豊富なのもうれしいもの。
わさび醤油で和風な味付けの「生うにパスタ」は、うにがたっぷり乗っていて、満足度120%! もう一つ、常連さんのイチオシは「卵かけごはん」。こちらは県内産の食材ではないのですが、神奈川県相模原の卵『鳳凰卵』を2つも使った贅沢な一品。塩気の効いたすじこと合わせて食べるのが哲舟スタイルです。
席は小上がりとカウンターを合わせて30席。宴会でも、一人でも利用できる気軽な雰囲気はありがたいですね。
地元で採れた旬の食材を味わいに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

住 所 :仙台市青葉区本町2-19-9 クリスタルパレス本町ビル西1B
TEL :022-721-0557
営業時間:17:00~24:00
休 日 :不定休
H P :http://www.tesshu.jp



居酒屋 翔 

みんなが友達。自然と人が集まる場所

shou_01shou_02.jpgshou_03.jpg



入り口や店内に、笑顔のお客さんとの写真がたくさん飾られている「居酒屋 翔」。のれんをくぐると、親方の庄司菊雄さんが親しげに迎えてくれます。「海と魚、そして人が大好きです。誰でも気軽に来られて、誰とでも仲良くなれる場所です」と話してくれました。
ここでは料理やお酒を楽しむのはもちろん、だれでも気軽に参加できる、さまざまなイベントを開催し、お客さんと交流できる場づくりに心を配ります。例えば、日本酒5種類を飲み比べる「利き酒会」。年に10回おこなっている「釣り会」もあります。
大の釣り好きだという庄司さん。その日に釣った魚を料理するので、メニューもさまざま。鮮度バツグンの魚料理から、定番のおつまみまで勢揃いします。
なかでも親方イチオシは、毎週火曜日に個数限定で提供するお寿司。もともと寿司職人だった庄司さんが、ひとつひとつ丁寧に握ります。ネタは5種類で、そのうち2種類はその日の仕入れによって変わります。また、夏のこの時期は「茶そばサラダ」が女性にとても人気なのだとか。お酒は宮城県の日本酒10種類を中心に、焼酎などが揃っています。月のおすすめとして、県外の日本酒も1種類紹介しています。テーブル、カウンター、座席を合わせて25席。
ちなみに「居酒屋 翔」の店名は、親方が釣りで使っていた船の名前からとったそうですよ♪

住 所 :仙台市青葉区本町2丁目14-26 保坂ビルB1
TEL :022-222-8817
営業時間:17:00~23:00
休 日 :日曜・祝祭日
H P :https://www.izakaya-syou.com



利久 本町店 

牛たんから海鮮まで。宮城の“美味しい“なら「利久」へ

rikyu_03.jpgrikyu_02.jpgrikyu.jpg



本町二丁目に店を構え、19年目を迎えた「利久 本町店」。仙台で牛たんといえば「利久」といわれるほどの人気店で、牛たん焼きはもちろん、シチューやハンバーグなど、牛たん料理を存分に味わえます。
最近のことですが、海に近い仙台の地の利を生かし、「利久水産部」を立ち上げたそうです。毎朝、市場で目利きした鮮度抜群の魚介類を仕入れ、魚介刺盛りなどの一品料理が豊富に揃っています。旬の海鮮料理や、肉も魚もという方々にはたまらないラインナップです。
ところで、美味しい食事には旨いお酒が恋しくなるもの。本町店では、厳選された地酒をはじめ、焼酎やウイスキーがずらりと並びます。日本酒に詳しいスタッフもいるので、声を掛ければ、注文した料理にぴったりのお酒を教えてくれます。
テーブルとカウンター、全45席が準備され、大人数の宴会でも一人飲みでも楽しみ方は自在に。宮城の“美味しい”がたっぷり味わえる、太鼓判のお店です。
江陽グランドホテルのすぐ近く、広瀬通から一歩入った穴場のお店なので、ぜひ足を運んでみては。ちなみに、焼き手の腕前が評判のお店ですよ(^^♪
写真は、夜の部牛たん定食です。

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2-6-13
TEL :022-712-3567
営業時間:11:30~15:00(lo.14:30)・17:00~23:00(lo.22:30)
※土日は11:00オープン
休 日 :年始(1月1日)
H P :https://www.rikyu-gyutan.co.jp
LINE @ :https://page.line.me/hyk1275g



手打ち蕎麦 山がた 

蕎麦屋で“粋”なオトナ呑み

yamagata_01yamagata_02.jpgyamagata_03.jpg



蕎麦前でお酒を楽しみ、〆にそばをいただく。ここ本町の「手打ち蕎麦 山がた」では、本格的な江戸蕎麦を味わうことができます。店内は暖かみのある木造で、天井は打ち抜きで高くゆったりとしたとても落ち着く空間。
「若い方々にも、そばとお酒を嗜む大人の粋をもっと知ってほしいですね」と話すのは店主の山形さん。毎朝手打ちするそばは、しっかりしたコシと喉ごしが絶妙な二八蕎麦。そば粉は山形県産の「でわかおり」を中心に、東北産にこだわっています。メニューは「ざるそば」や「かけそば」とシンプルなものから「山がた」オリジナルのものまで数種類。人気の「焼き味噌」をはじめ、一品料理も充実しています。お酒は、宮城の地酒や各種焼酎などおそばに合う品揃え。焼酎をそば湯割りにして飲むのも、そば屋さんならではの楽しみ方です。
「粋なひとときを美味しいおそばで」佳い時間が過ぎていきます。

住 所 :仙台市青葉区本町2-17-3 花泉ビル1F
TEL :022-397-9578
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:30)・ 17:00〜20:30(L.O.20:00)(祝日はお昼の部のみ)
休 日 :日曜日・第3月曜日
H P :http://soba-yamagata.com/
S N S  :Instagram Facebook



嘉肴萬菜 ○いけ 

とことんこだわる日本酒専門の居酒屋

maruike_03.jpgmaruike_02.jpgmaruike.jpg



入り口に筆文字で「○いけ(まるいけ)」と、大きく書かれた看板。ドアを開けると、店内までの通路に日本酒の瓶がずらりと並びます。ここは日本酒専門の居酒屋です。
「日本酒は常に100種類以上を用意しています」と話すのは、店長の宮本光貴さん。その年のお酒の出来具合などの情報を得るために、宮城県内はもとより県外の蔵元まで足を運んでいるそうです。また、酒蔵とコラボしたまるいけオリジナルの日本酒もイチオシ。「その土地によって、お酒の味わいが全く違うのが面白いですね」と。銘柄だけでなく、燗のつけ具合を変えて飲み比べをするなど、さまざまな楽しみ方ができるのも一興です。お店のこだわりは料理にもあります。焼き味噌やなめろうなど、お酒に合うメニューがずらり。なかでもおすすめは手作り餃子。少々濃いめに味付けしたタネを、ひとつひとつ丁寧に包んで焼き上げます。ボリューム満点で食べごたえも抜群。「日本酒ビギナーから通まで、いろいろな方々に足を運んでほしいですね」と宮本さんは話します。席数は36席、宴会や貸切も可能です。皆さんも仕事帰りに、ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

住 所 :仙台市青葉区本町2-16-15 ツルミヤ本町ビル B1
TEL :022-395-7562
営業時間:17:00〜24:00
休 日 :不定休
H P :https://maruike-sendai.gorp.jp
ブログ :https://ameblo.jp/maruike7562/



morc(モーク) 

肩肘張らないゆったり空間

morc_03.jpgmorc_02.jpgisano03.jpg



白い看板に植物で型取りされた『morc(モーク)』という文字。ここは、ご夫婦で切り盛りしている隠れ家のようなカフェです。白を基調にした清潔感あふれる店内では、温かみのある照明とナチュラルな空気感を演出する植物が穏やかにマッチングしています。思い切って板を取り払いしつらえられた天井は、開放感のある印象に。
『ここの内装は、すべて私たちでつくり上げました』と話すのは、ご主人の大石利光さん。苔やサボテンなどの植物が好きで、店内に飾られている植物もすべて丁寧に育てているそうです。メニューは抹茶ラテやほうじ茶ラテなど、和をベースにしたドリンクや、季節感を楽しめるスイーツがあります。「器にもこだわっています。お客さまが写真をSNSに投稿してくださって、それをきっかけに新たなお客さまが来てくれます」と話してくれたのは、奥さまの奈穂さん。もともとパン屋さんでお仕事をして、お菓子づくりが好きだったことでお店のメニューはすべて担当しています。また、手づくりクッキーのほかに、作家さんの陶器やアクセサリーなども販売。さらにドリンクや焼き菓子のテイクアウトもOK。店内にはさまざまな種類の本もあり、自由に手に取って読むことができるとか。 肩肘張らずリラックスできるので、友人と会話を楽しんだり、1人で読書をしたりするのにぴったりな空間です。
忙しい毎日の息抜きに、ふらっと足を運んで良質な時間を満喫してみては。

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2-9-20 BIビル202
TEL :022-702-8161
営業時間:10:00〜19:00(平日)・10:00〜18:00(土曜・日曜)
休 日 :月曜日・火曜日
S N S  :Instagram Facebook



くらし座 

すこやかに広がるコミュニティー空間

isano01.jpgisano02.jpgisano03.jpg



カフェを併設したインテリアショップ『くらし座』。長年のキャリアをベースに、昨年12月新たにオープンしました。
ドアを開けると、「いらっしゃいませ。良かったらスリッパに履き替えて店内をご覧ください」とオーナーの大村正さんが笑顔で迎え入れてくれます。まるで家に帰ってきたような、リラックスした雰囲気。店内は優しい木の香りで包まれています。
「商品を販売するだけのインテリアショップではなく、人と人をつなげる新しいコミュニティーの場を提供したい」と。「暮らしのインテリアに向き合う家具のプロとして、お客さまの理想の生活を実現するためのお手伝いしたい。長年培ってきた知識と経験を生かし、これからも健やかな暮らしをデザインしていけたら」と語ります。
また、コーヒーや煎茶をいただけるカフェコーナーでは、インテリアショップならではの暮らしに関わるさまざまな情報を知ることができるのもうれしい。もちろん読書もOK。
「今後は、本町商店街のショップと暮らしに役立つコラボ企画もやっていきたい」と話していた大村さん。これからの活躍が楽しみですね♪

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町二丁目19-9 クリスタルパレスビル東3F
TEL :022-395-7616
営業時間:10:00〜19:00
休 日 :木曜日(水曜不定休)
H P :https://magellan-essence.com/kurashiza
S N S  :https://www.instagram.com/magellanessence/



餅いさの 

つきたてお餅でカフェ気分

isano01.jpgisano02.jpgisano03.jpg



去る6月14日、本町2丁目にオープンした「餅いさの」では、つきたて餅のテイクアウトはもちろん、ゆったりした空間でつくりたてのお餅をいただくこともできます。イートインは一皿(餅2種類)350円、追加の餅は1個150円。お持ち帰りなら一箱(餅3個)500円。つぶあん・ごま・ずんだ・くるみの4種類から選べます。
オープン以来、ふんわりお餅とともに評判なのが「いさののランチ(680円)」。日替わりおこわの“かわりごはん”または、おにぎり、小鉢、漬物、汁物と、工夫を凝らしたプチ甘味付き。筍や栗ごはんなど季節を取り入れた“かわりごはん”は持ち帰りもできるので、近隣を職場にする会社員の立ち寄りも多いそうです。
ところで「餅いさの」は、手焼き煎餅の銘店「仙台こうれん」が惜しまれつつ閉店した後、店舗と工場を改装し誕生したお店です。通しで営業する飲食店が少ない本町なので、一息吐きたい時や小さな会合などに、ぜひ訪れたいお店です。
写真は、つきたて餅(左:ずんだ、右:つぶあん)です。

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2-19-6
TEL :022-223-0856
営業時間:11:00〜18:00(ランチ11:00〜無くなり次第終了)
休 日 :土曜・日曜・祝日



Lita(リタ) 

お客さま想いのリラックス空間で、イマドキヘアーをご提案♪

magenta01.jpglita02.jpgmagenta03.jpg



「Lita(リタ)」は、女性をはじめとした幅広い層から人気のヘアサロンです。1F「Licca(リッカ)」と4F姉妹店の「Lyri(リリ)」が、今年の2月から「Lita(リタ)」としてひとつになりました。響きのいいお店の名前。実は、お客さま一人ひとりの幸せを願う意味を持つ“利他”という掛け言葉に。
本町スクエアの交差点で、ひと際目を引く青いドア。そこを開けるとスタッフが笑顔で迎えてくれます。1Fは清潔感のある白を基調とした内装。4Fはシックで落ち着いたオトナの雰囲気。また、全席の両サイドに仕切りがついているので、隣を気遣うことなく、リラックスした空間です。まるで童話の世界にいるような気分になるエレガントな鏡や、キラキラと輝くシャンデリアも女性の心をくすぐります。そして丁寧なカウンセリングで、お客さまに合わせたおしゃれなヘアスタイルをスタッフがご提案。
「髪型で気分を変えたり、大変身したい方は、ぜひお気軽にお越しください」と笑顔で話してくれた1Fフロア店長の新井光世さん。スタイリストの1人でもあります。
技術はもちろん、空間までお客さまのことを大切に思いつくり上げた“Lita(リタ)”。みなさんも“利他の心”が込められた空間で、お気に入りのヘアスタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2-6-35 第7広瀬ビル1F・4F
TEL :022-395-6960
営業時間:平日 10:00〜19:30/土・日・祝 10:00〜18:00
休 日 :月曜日・第3火曜日
予 約 :https://beauty.hotpepper.jp/slnH000229934/
S N S  :lita___official



Magenta 

大人女子に人気の、シックなフラワーショップ

magenta01.jpgmagenta02.jpgmagenta03.jpg



本町家具の街のメインストリート沿いにある、フラワーショップ「Magenta(マジェンタ)」。ナチュラルな可愛らしいお店の雰囲気とは違った、スタイリッシュなお花のアレンジも魅力なお花屋さんです。「“優雅・大人・強さ”をお店のコンセプトにしています」と代表の山田剛さんは話します。
ギフトはもちろん、暮らしを華やかに演出するお花は自宅のインテリアにぴったり。好みのイメージを伝えれば、オリジナルのアレンジメントにしてくれるそう。お店での販売以外に、ブライダル用の装花や店内ディスプレイなども手掛けているので、気軽に相談してみてください。
ブーケやテーブルコーディネートなどのレッスンを開いているので、気になる方は「Magenta」のホームページをチェック!

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2-6-22 ベルツビル1F
TEL :022-393-8370
営業時間:11:00~19:00
休 日 :火曜日
H P :http://magentalife.net/



和菓子 まめいち 

ひとくち食べれば和菓子の虜! 本町2丁目初の和菓子屋

mameichi01.jpgmameichi02.jpgmameichi03.jpg



できたて和菓子の甘い香りが優しく出迎えてくれる「和菓子 まめいち」。5年間京都の老舗和菓子屋の老松で修行を積んだオーナー店長の幾世橋(きよはし)さんは、昨年の京菓子展で大賞を受賞しました。そんな確かな腕を持つ職人さんが、ひとつひとつ丁寧に手づくりしている和菓子屋さんです。毎月テーマの違う、まめいちならではの創作和菓子も楽しめます。商品は、季節の和菓子(350円~)、和の焼き菓子(150円~)。1000円以上の購入で、抹茶一杯のサービスがあるそうです♪
「みなさんが親しみやすく、気軽に来ていただけるような和菓子屋を目指したいです!」と笑顔で話します。幾世橋さんの明るい人柄と、豊かな創造力からつくられる、まめいちオリジナルの和菓子。みなさんも足を運んで味わってみてくださいね。

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2丁目19-9クリスタルパレス本町ビル東側2F
TEL :022-302-4720
営業時間:10:00~16:00
休 日 :水曜・木曜
H P :http://wagashi-mameichi.com/



hairmake DAISYLOTUS デイジーロータス

ダメージレスをかなえながら「新しい自分」に出会えるサロン

daisy01.jpgdaisy02.jpgdaisy03.jpg



自然をモチーフにした内装と木目調のインテリアが、あたたかく出迎えてくれるヘアサロン「hairmake DAISYLOTUS(デイジーロータス)」。お客さま一人ひとりに寄り添った丁寧なカウンセリングとスタイルの提案で、新しい魅力をプロデュースしてくれます! 洗浄効果が高く、肌に優しいマイクロバブルウォーターや、パーマやカラーを長持ちさせるオゾンを取り入れているから、髪本来の美しさを長く保つサポートもばっちり。「お客さまからも髪のダメージが目立たなくなったと好評です」と話してくれた店長兼スタイリストの佐々木弦さん。カット+カラーは¥9,500~で、予約は電話にて受付けとのこと。デイジーロータスのこだわりの施術と美のサービスをぜひ体験してみてくださいね。

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2丁目14-21 本町協和ビル1F
TEL :022-261-4151
営業時間:平日・土曜 カット/カラー 10:30~19:00(パーマ ~18:30)
        日曜 カット 10:00~18:30(カラー/パーマ ~18:00)
休 日 :毎週月曜・第3火曜
H P :http://www.daisylotus.com



damo kaffee haus ダモ コーヒーハウス

豆にこだわり、香り・風味・コクの良い自家焙煎コーヒー

damo01.jpgdamo02.jpgdamo03.jpg



本町2丁目に、こだわりのコーヒー豆を扱うお店が仲間入り! コーヒーの良い香りが漂う店内は、おしゃれなインテリアでディスプレーされています。この道一筋のオーナー、坂本翔吾さんがドリップしてくれるコーヒーは、しっかりとした深いコクがあるのに、すっきりとして飲みやすい味。
コーヒー豆の販売のほか、日替わりで2種類を販売している焙煎したてのコーヒーは、イートインでもテイクアウトでもOK。カフェラテ、アイスもあります。1杯350円〜。
ぜひ、坂本さんこだわりのコーヒーを一度味わってみては?

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2-10-5-1F
TEL :022-397-6603
営業時間:11:00~20:00
休 日 :水曜定休



MAUI inspirations マウイ インスピレイションズ

本町二丁目に流れるハワイの時間

IMG_5320.JPGIMG_5309.JPGIMG_0907.JPG



 本町二丁目の「MAUI」は、ハワイアンキルト教室と、ハワイの家庭料理をいただける温かな雰囲気のお店です。 教室を主宰する北條さんは「東日本大震災をきっかけに、仕事をしていた横浜から、実家のある仙台に戻ってきました」と話します。幾度も訪れたハワイ諸島のなかでも、大好きなMAUI島を店名に。ハワイアンキルトは独学で学んだという北條さんだから、発想も型にとらわれないんです。「ここは教室というより、ハワイアンキルトのクラブのようなもの。お茶をしながら楽しくキルトづくりをします。ハワイアンキルトのルールにとらわれず、自由な感覚でつくっていただきたいですね」と。ワンレッスン¥1,200〜で、材料の持ち込みもOK。初心者の方には、キルトキットも準備され、気軽に参加できます。 お店では、ガーリックシュリンプ¥950やロコモコ¥950などの食事のほか、ハワイのコーヒーやコナビールも。仕事帰りにハワイ気分を楽しみたい人にも、おすすめしたいお店です。

住 所 :〒980-0014 仙台市青葉区本町2-6-13 杉本家ビル2F
TEL :022-797-5414
営業時間:火曜〜金曜14:00〜23:00 土曜・日曜・祝日11:00〜21:00 キルトクラブ(14:00〜)
休 日 :月曜・第2火曜日
H P :http://www.maui-i.com



cafe KHADI

本町二丁目を眺めながら KHADIのチャイでほっこりタイム

 肌寒さを感じると、どうしても欲しくなるのがあたたかい飲みもの。そんな時は、心もからだもあたたまるcafé KHADI(カディ)のチャイで、ほっこりタイムしませんか? カディのチャイ(480円)は、CTC製法のネパール産茶葉を使用。CTC製法とは、Crush(押しつぶす) Tear(引き裂く)Curl(丸める)の製法の頭文字からきていて、ころころと茶葉が丸くなっているのが特徴です。チャイにかかせないスパイスは、しょうがやシナモンのほかに、クローブ、カルダモン、スターアニス、こしょうをブレンド。丁寧に煮出したら、牛乳を加えます。カップを持つと、ふわっとただようやさしい香り。茶葉のコクとスパイス、ほどよい甘さがマッチした“コクうま”なチャイで、からだはぬくぬく! 手づくりスペキュロス(シナモン風味のビスケット)との相性もバッチリです。
 「仙台で30年、喫茶店を営んでいる叔父の影響でカフェをはじめました。チャイも叔父から教わったものです」と話してくれた、オーナーの青山さん。山が好きで、ネパールにも行くという叔父さん直伝のチャイは、リピーターのお客さまもいるんだとか。一度味わったら、お気に入りの一杯になること、間違いなしです!

khadi_01.jpgチャイ用のマグカップは数種類あるそう。「たまに、違うマグカップだったら楽しいですよね」と器にも青山さん流のおもてなしが。khadi_02.jpgCTC製法の茶葉。通常の茶葉より成分が溶け出しやすいので、チャイに適しているそう。khadi_03.jpg窓側のテーブルでは、本町二丁目のメインストリートが一望。陽の光を浴びながらのティータイムは時間を忘れて、おもわず長居したくなる居心地の良さ。


住 所 :〒980‐0014 仙台市青葉区本町2-10-3
TEL :022‐263‐0881
営業時間:11:00~18:00
休 日 :第2土曜・日曜・祝日
Facebook :https://www.facebook.com/cafe.khadi